気功整体療法


氣功整体療法

健康定義を「体」「心」「氣」のバランスが整っている状態と考え、これら三つのバランスを整える治療法が「外気功整躰療法」です。「体」と「心」と「氣」(スピリチュアル)を元気にしていく治療法です。

「体」への手当て

交通事故、スポーツ障害、筋肉のアンバランスなどにより骨は歪んでいきます。筋肉への手技や氣功によりバランスを整えることで恒常性維持機能(ホメオシタシス)が働き、回復へと向かいます。

「心」への手当て

様々なストレスにより心が疲れ、病が発症する例が多くなっています。
自分の力では解決できないトラブルも少なくありません。スピリチュアル(精神世界)、占いなども勉強しトラブルの意味を知り、カウンセリングさせていただくことで楽になる方もいます。

「氣」への手当て

血液のように見えませんが体の中には氣が流れています。その氣の流れが滞ったり、元の氣がなくなることを「元気」がなくなると言います。そこで氣をチャージし元気へのお手伝いを致します。

■氣功
当院では氣功法を内氣功と外氣功、静氣功と動氣功と4つに分けています。

  • 内氣功:太極拳、ヨガ、瞑想など自身の力で自らの氣を高める方法
  • 外氣功:氣功師または氣発生器の発する氣を受けて氣を高める方法
  • 静氣功:静的な内氣功
  • 動氣功:動的な内氣功

*外氣功整躰療法は氣功師の発する気を受ける“静氣功法”です。症状により氣発生器を使うこともあります。

■施術方法(以下の施術を症状によって組み合わせます。ご要望によって単独選択などもできます)手順は状態に合わせそれぞれ異なります。

  • 筋肉マッサージ
  • ツボ刺激
  • 頸椎、胸椎、腰椎、骨盤矯正
  • 外氣功(気を発し、気の流れを整え、気の量を増やす)
  • カウンセリング(思い癖。ストレスの捉え方。ストレスの対応法など心身症には大変有効です)

■治療に対する見解

筋肉に対してのアプローチは揉む、揺する、つかむ、叩くなどがあります。それらを強く行うことは加刺激となり、症状を悪化させてしまうこともあります。
俗に言われる「揉み返し」「張り返し」であり、膠着している筋肉は長時間動かしていない状態にあり、急激に動かしてしまうのは運動をまったくしていなかった人が急にスポーツをしたのと同じ状態です。揉み返しはスポーツ後の筋肉痛と同じ状態と考えています。必要以上の圧を加えてしまうと毛細血管が切れてしまうこともあるので注意が必要です。

■治療の目安

長い年月をかけて凝り固まった筋肉を緩めるには一度や二度の施術で難しい場合がほとんどです。また、治療の間をあけてしまうと筋肉の凝りが戻ってしまう場合もあります。これは、糸の絡まりのようなもので、絡まりが少しでも残っていると、また絡まりやすいのと同様です。壊れたものを元に戻すのは大変です。
予防が最も短時間=低予算です!
筋肉は「第二の心臓」であり「第二の感覚器官」です。
筋肉疲労が「病」の原因の一つとして考えています。また、第二の感覚器官として自律神経との因果関係も認められています。
自律神経は免疫力を司っている器官で正常に機能していることは健康には不可欠です。
第二の心臓として、静脈・リンパ液を流すのは筋肉の収縮です。
慢性筋肉疲労から生じる病は臨床現場からも報告されており、治療師として臨床を行ってみたところ、筋肉の緩和により骨の歪みの軽減が見られます。

■筋肉の緊張緩和によって得られるもの

不調の原因として話題になっている「低体温」や「リンパ液の流れ」も大いに筋肉に関係しています。
筋肉の緊張の緩和により低体温やリンパ液の停滞など、症状の改善ができることが確認されています。
慢性筋肉疲労とは筋肉の緊張(疲労)状態のままで、血管やリンパ管は圧縮され続け血行障害を起こしている状態です。この状態は血流不足で酸素と栄養補給ができず、酸性の疲労物質が溜まってしまいます。
炎症を起こしていなければ患部をマッサージなどで温めることは症状を緩和することに有効な手段です。

60分(10~20分氣功):¥6000 延長:10分/1000円
043-460-6191

yk.sakura.0309@gmail.com

mahalo1958@i.softbank.jp

新規の方限定 お試し価格 60分¥3000

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA