芳香療法=アロマセラピー

最近、ヘアケア商品や洗剤、柔軟剤など、いろいろな物に匂いがついていますよね?
香りは数秒で脳に到達し、体にいろいろな影響を与えます。また、肺にも入り、そこから血液にも入ります。
その作用を利用したのが「芳香療法」です。

香りは「人工的な香り」と「天然(自然)の香り」があります。
わが子らには人工的な香りをいい匂いと感じるよりも、自然の香りをいい匂いと感じて欲しいと思います。

芳香療法は学べば学ぶほど奥が深く、有益な学びです。芳香療法を日本語にすると「アロマセラピー」と呼ばれるものです。

毎月アロマセラピーについて勉強会を開催しています。5月はアロマイオルを使った、様々な身近な商品を作ります。どうぞご参加下さい。

https://www.facebook.com/events/1588096744814326/

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA