病院に行く前にシリーズ アロマオイル編

長生きしても、寝たきりでは意味がありませんよね。「元気で長生き」そんな人生を送るための方法論をご紹介しています。
健康のために摂り入れる様々な薬や食品、サプリメントなどの理想は「作用があり副作用がない物」だと思います。
そこで今回ご紹介するのはアロマオイル(精油)です。
アロマテラピーには二種類あることをご存じでしょうか?
一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスするイギリス式「アロマセラピー」。そしてもう一つは、フランス式「メディカルアロマテラピー」です。

名前の通り、メディカルアロマテラピーは香りだけではなく、精油の力で病気になる前の不調な体のケアや、病気とは認められない症状を改善する「代替医療」です。

そもそものアロマテラピーは、1928年フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、実験中にやけどをした際にラベンダーの精油を用いたことから生まれました。『アロマテラピー』と名付けて出版したこの療法が、メディカルアロマテラピーの起源です。

さらに1961年、精油を植物油に希釈(薄めること)してマッサージする方法が編み出され、美容やストレス解消・癒しを目的とするアロマテラピーが提唱されました。これがイギリスに伝わりましたが、医療としては認められずに、リラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのです。

特に日本ではフランス式はとても少なく、マッサージや癒しがアロマテラピーの代名詞になっていますが、「メディカルアロマテラピー」は成分を直接体に取り込み、治療するので、効果の違いはいうまでもありません。

メディカルアロマテラピーで注意すること
日本の法律では、皮膚に塗布するものには「化粧品」、飲用するものには「食品」の認可が必要になります。皮膚塗布や飲用の場合には、それぞれ認可のある商品を選ぶことが必要です。
通常「精油」は雑貨扱いであり認可は取られていません。精油を皮膚塗布したり飲用したりする場合は、自己責任によって自分自身に行うことが基本となります。そのため、使用上の注意を守り、しっかりした分析表が添付されたものを選ぶことが必要です。
ありがた屋で取り扱いをしているアロマオイルはフランス式のアロマイオルを扱い用途により、それぞれ登録が異なり「飲用」が可能なオイルもあります。食品として登録されているオイルは料理や飲物にも使えるので大変重宝です。
具体的な代表的な使用例(飲用や患部に直接塗布)
・ダイエット
スリム&サシー、グレープフルーツ、レモン
・頭痛や生理痛などの鎮痛剤として(ミネラルと併用で◎)
ディープブルー、ペパーミント、アロマタッチ、パステンタス、ユーカリ
パチョリ、クラリセージ、ウィスパー
・制汗剤
ペパーミント、パスタテンタス、アロマタッチ
・水虫やデリケートゾーンの痒み
ティートリー、ラベンダー、ユーカリ、アーボビデ
*ミネラル不足は症状を悪化させます。
・筋肉痛
ディープブルー、レモングラス、パステンタス、アロマタッチ
・胃腸薬
ゼンジェスト、ペパーミント、ゼンドクライン、スリム&サシー
・睡眠&安眠
ウェーブリズム、クラリカーム、ラベンダー、ローマンカモミール
・口臭&虫歯予防
ペパーミント、レモン、オンガード
・すり傷 切り傷 打撲
ラベンダー、メラルーカ
香りの湿布薬(オイル)→ディープブルー クリーム→ディープブルーラブ
・お子様にも安心して使える虫よけ
テラアーマー

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA