動脈硬化・脳&心筋梗塞


EPAはn-3系多価不飽和脂肪酸の一種で、αリノレン酸が体内で変化してEPAとなります。食品では、魚の脂肪に多く含まれます。魚の脂肪をたくさん食べるイヌイットが動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病の発症率が低いことから、研究が進められました。血液の凝固を防ぎ血栓を溶解させて血液をサラサラにするといわれています。

DHAはn-3系多価不飽和脂肪酸の一種で、体内ではEPAを経て生成されます。食品では、魚の脂肪に多く含まれます。コレステロールの生成を抑えるとともに脳の発達や機能維持にも重要な役割を果たします。

ちなみに、ファイトオメガとコールドウォーター オメガ‐3に含まれているDHA・EPAは、マグロとカツオ由来の成分です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA