腸内環境


下記の番組ご覧になりました?85年に美容室を始め、お客様の薬剤による肌トラブル、スタッフの手荒れなどの問題を解消するため、いろいろ勉強して行き着いたのが「体温」と「お通じ」でした。腸内造血理論(千島学説)を知り、免疫力を高める、体質改善は腸環境と低体温の改善が必須でした。私は医者ではないので理屈はわかりません。私は花粉症でしたし、虚弱体質でした。まず私が実践してみたことで花粉症は無くなり、体もだいぶ強くなりました。アトピーや花粉症などアレルギー疾患でお困りのお客様にも体温を上げていただき、便秘を解消し腸環境を整えるていただくことで改善された例も数多くあります。

安保先生や新谷先生など多くのドクターもデーターを出してくれたことで、私の仮説が正しいことが証明され嬉しく思います。人間の体はまだまだわからないことがたくさんあるようです。
生体が正常に機能するための環境から離れすぎてしまっているようです。平熱は36.5℃以上。食べた物が24時間以内に排泄される状態が良いようです。まずはここを目指しましょう。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0222/index.html

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA