2016年 11月

phossil

いつまでも、ありがた屋にご来店いただきたいので「ミネラル」飲んで下さい!

「ミネラル」とは、人体に必要な5大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)の一つ。
カルシウム、鉄、セレン、マグネシウムなどを含め、約100種類近い元素の総称でもあります。
■ミネラルの働き
体内では生命機能を支えるために約3500種類以上の化学反応が行われています。健康には、この化学反応がスムーズに行われていなければなりません。この化学反応の連携に必要な物質が「酵素」であり、この酵素の原料になっているのがタンパク質(アミノ酸)とミネラルです。
ミネラルがないと酵素が十分に働けません。
ビタミンやミネラルの働きを助けるのが酵素であり、酵素が十分に働くにもミネラルが必要となります。
ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士は「全ての病態、全ての病気、全ての病弊を追及すると、ミネラル欠乏にいきつく」と話しました。
アール・ミンデル博士は「ビタミンは重要なものだが、ミネラルなしでは何もできない。ミネラルこそ、栄養の世界のシンデレラと私は言いたい。…ビタミンはミネラルの助けなしには吸収されることも、その機能を果たすこともできない」と話しています。
ミネラルの働きによって、酵素もビタミンもうまく機能し、体の代謝の仕組みを作っているのです。
■ミネラルは多種類で連携して働く
貧血の人は鉄分を摂るように勧められますが、実際には鉄分だけを摂っても貧血は解消しません。
鉄が体内で働くためには、銅、亜鉛、鉛、コバルト、カドミウム、セレンなどの助けが必要です。
体の中でミネラルを作り出すことができないので、多種類のミネラルを体の外部から探り込む必要があります。
毎日の食事を通して行われるのですが、現代は環境の変化により、食事からミネラルが摂りにくくなってきました。
■ミネラルは人工的に作り出せません
大地等に存在するものを吸い上げるしかありません。
日本食品標準成分表によると、1950年頃、ほうれん草には約13mgの鉄が含まれていたのに対し、現在は約2mgしか含まれていません。約85パーセントもの鉄が、ほうれん草から失われました。大根や人参、その他の野菜についても同じことが言えます。

  • ■大地からミネラルが減少した原因
    1.ダムの建設
    山に含まれていたミネラルは雨と共に川水となって下流に流れ、農地に流れ込んでいましたが、ダムによって遮られてしまいました。ダムは洪水による水害を防ぎ、新しいエネルギーを供給しますが、それまでに行われていたミネラルの運搬を遮ってしまっているのです。
    2.下水の発達
    ミネラルを採った人間、動物などから出された排泄物は、ミネラルを含む肥料として農地にまかれ、土壌に還元されていました。しかし、下水の発達により、排泄物はそのまま捨てられるようになり、これもミネラルの循環を遮ってしまっています。
    3.化成肥料
    化成肥料には特定種類のミネラルしか含まれていないため、それを土壌に撒くことによって、土中のミネラルバランスを壊してしまい、その土壌で育つ野菜に、人間が必要とする多種類のミネラルが含まれなくなってしまいます。

何百種類ものミネラルサプリメントがありますが、その多くは「鉱物系ミネラル」あるいは「金属系ミネラル」です。
鉱物系ミネラルは、粒子サイズが大きいので体内で吸収することがほとんどできず、含有されるミネラルの種類が少ないために過剰摂取をするとミネラルバランスを崩し弊害が出ると言われています。
これに対して「植物系ミネラル」とは、土壌中のミネラルが一度植物に取り込まれ、それらの植物から抽出されたミネラルで「鉱物系ミネラル」「金属系ミネラル」とは対照的に、粒子サイズはナノ単位と非常に小さく、一度植物を通しているので安全性も高く、より人の体に適したかたちで摂取することができます。
人間は、毎日70種類以上のミネラルが必要であり、これらを摂取することで人間の体は機能するための仕組みを正常に維持することができます。ミネラルを摂取したら病気が治るという訳ではありません。しかし、病気を治す仕組みを作る・維持するためには、ミネラルは必要不可欠です。

ドテラミネラル「PHOSSIL」
大さじ1~2杯(15~30ml)水やジュースなどで10倍程度に薄めて一日2~3回お飲み下さい。

1億年前の古代生物から作られた植物由来のミネラル飲料 550ml¥9600/IPC会員価格¥6400

IPC会員→*IPC価格とは登録料¥3500 更新料¥2000/年(更新時2900円のペパーミントオイル付)
入会ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡下さい。

arigataya2003@gmail.com

PHOSSIL

いつまでも、ありがた屋にご来店いただきたいので「ミネラル」飲んで下さい!
「ミネラル」とは、人体に必要な5大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)の一つ。
カルシウム、鉄、セレン、マグネシウムなどを含め、約100種類近い元素の総称でもあります。
■ミネラルの働き
体内では生命機能を支えるために約3500種類以上の化学反応が行われています。健康には、この化学反応がスムーズに行われていなければなりません。この化学反応の連携に必要な物質が「酵素」であり、この酵素の原料になっているのがタンパク質(アミノ酸)とミネラルです。
ミネラルがないと酵素が十分に働けません。
ビタミンやミネラルの働きを助けるのが酵素であり、酵素が十分に働くにもミネラルが必要となります。
ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士は「全ての病態、全ての病気、全ての病弊を追及すると、ミネラル欠乏にいきつく」と話しました。
アール・ミンデル博士は「ビタミンは重要なものだが、ミネラルなしでは何もできない。ミネラルこそ、栄養の世界のシンデレラと私は言いたい。…ビタミンはミネラルの助けなしには吸収されることも、その機能を果たすこともできない」と話しています。
ミネラルの働きによって、酵素もビタミンもうまく機能し、体の代謝の仕組みを作っているのです。
■ミネラルは多種類で連携して働く
貧血の人は鉄分を摂るように勧められますが、実際には鉄分だけを摂っても貧血は解消しません。
鉄が体内で働くためには、銅、亜鉛、鉛、コバルト、カドミウム、セレンなどの助けが必要です。
体の中でミネラルを作り出すことができないので、多種類のミネラルを体の外部から探り込む必要があります。
毎日の食事を通して行われるのですが、現代は環境の変化により、食事からミネラルが摂りにくくなってきました。
■ミネラルは人工的に作り出せません
大地等に存在するものを吸い上げるしかありません。
日本食品標準成分表によると、1950年頃、ほうれん草には約13mgの鉄が含まれていたのに対し、現在は約2mgしか含まれていません。約85パーセントもの鉄が、ほうれん草から失われました。大根や人参、その他の野菜についても同じことが言えます。

  • ■大地からミネラルが減少した原因
    1.ダムの建設
    山に含まれていたミネラルは雨と共に川水となって下流に流れ、農地に流れ込んでいましたが、ダムによって遮られてしまいました。ダムは洪水による水害を防ぎ、新しいエネルギーを供給しますが、それまでに行われていたミネラルの運搬を遮ってしまっているのです。
    2.下水の発達
    ミネラルを採った人間、動物などから出された排泄物は、ミネラルを含む肥料として農地にまかれ、土壌に還元されていました。しかし、下水の発達により、排泄物はそのまま捨てられるようになり、これもミネラルの循環を遮ってしまっています。
    3.化成肥料
    化成肥料には特定種類のミネラルしか含まれていないため、それを土壌に撒くことによって、土中のミネラルバランスを壊してしまい、その土壌で育つ野菜に、人間が必要とする多種類のミネラルが含まれなくなってしまいます。

何百種類ものミネラルサプリメントがありますが、その多くは「鉱物系ミネラル」あるいは「金属系ミネラル」です。
鉱物系ミネラルは、粒子サイズが大きいので体内で吸収することがほとんどできず、含有されるミネラルの種類が少ないために過剰摂取をするとミネラルバランスを崩し弊害が出ると言われています。
これに対して「植物系ミネラル」とは、土壌中のミネラルが一度植物に取り込まれ、それらの植物から抽出されたミネラルで「鉱物系ミネラル」「金属系ミネラル」とは対照的に、粒子サイズはナノ単位と非常に小さく、一度植物を通しているので安全性も高く、より人の体に適したかたちで摂取することができます。
人間は、毎日70種類以上のミネラルが必要であり、これらを摂取することで人間の体は機能するための仕組みを正常に維持することができます。ミネラルを摂取したら病気が治るという訳ではありません。しかし、病気を治す仕組みを作る・維持するためには、ミネラルは必要不可欠です。

いつまでも、ありがた屋にご来店いただきたいので「ミネラル」飲んで下さい!

「ミネラル」とは、人体に必要な5大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)の一つ。
カルシウム、鉄、セレン、マグネシウムなどを含め、約100種類近い元素の総称でもあります。

■ミネラルの働き
体内では生命機能を支えるために約3500種類以上の化学反応が行われています。健康には、この化学反応がスムーズに行われていなければなりません。この化学反応の連携に必要な物質が「酵素」であり、この酵素の原料になっているのがタンパク質(アミノ酸)とミネラルです。
ミネラルがないと酵素が十分に働けません。
ビタミンやミネラルの働きを助けるのが酵素であり、酵素が十分に働くにもミネラルが必要となります。
ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士は「全ての病態、全ての病気、全ての病弊を追及すると、ミネラル欠乏にいきつく」と話しました。
アール・ミンデル博士は「ビタミンは重要なものだが、ミネラルなしでは何もできない。ミネラルこそ、栄養の世界のシンデレラと私は言いたい。…ビタミンはミネラルの助けなしには吸収されることも、その機能を果たすこともできない」と話しています。
ミネラルの働きによって、酵素もビタミンもうまく機能し、体の代謝の仕組みを作っているのです。

■ミネラルは多種類で連携して働く
貧血の人は鉄分を摂るように勧められますが、実際には鉄分だけを摂っても貧血は解消しません。
鉄が体内で働くためには、銅、亜鉛、鉛、コバルト、カドミウム、セレンなどの助けが必要です。
体の中でミネラルを作り出すことができないので、多種類のミネラルを体の外部から探り込む必要があります。
毎日の食事を通して行われるのですが、現代は環境の変化により、食事からミネラルが摂りにくくなってきました。
■ミネラルは人工的に作り出せません
大地等に存在するものを吸い上げるしかありません。
日本食品標準成分表によると、1950年頃、ほうれん草には約13mgの鉄が含まれていたのに対し、現在は約2mgしか含まれていません。約85パーセントもの鉄が、ほうれん草から失われました。大根や人参、その他の野菜についても同じことが言えます。

  • ■大地からミネラルが減少した原因
    1.ダムの建設
    山に含まれていたミネラルは雨と共に川水となって下流に流れ、農地に流れ込んでいましたが、ダムによって遮られてしまいました。ダムは洪水による水害を防ぎ、新しいエネルギーを供給しますが、それまでに行われていたミネラルの運搬を遮ってしまっているのです。
    2.下水の発達
    ミネラルを採った人間、動物などから出された排泄物は、ミネラルを含む肥料として農地にまかれ、土壌に還元されていました。しかし、下水の発達により、排泄物はそのまま捨てられるようになり、これもミネラルの循環を遮ってしまっています。
    3.化成肥料
    化成肥料には特定種類のミネラルしか含まれていないため、それを土壌に撒くことによって、土中のミネラルバランスを壊してしまい、その土壌で育つ野菜に、人間が必要とする多種類のミネラルが含まれなくなってしまいます。

何百種類ものミネラルサプリメントがありますが、その多くは「鉱物系ミネラル」あるいは「金属系ミネラル」です。
鉱物系ミネラルは、粒子サイズが大きいので体内で吸収することがほとんどできず、含有されるミネラルの種類が少ないために過剰摂取をするとミネラルバランスを崩し弊害が出ると言われています。
これに対して「植物系ミネラル」とは、土壌中のミネラルが一度植物に取り込まれ、それらの植物から抽出されたミネラルで「鉱物系ミネラル」「金属系ミネラル」とは対照的に、粒子サイズはナノ単位と非常に小さく、一度植物を通しているので安全性も高く、より人の体に適したかたちで摂取することができます。
人間は、毎日70種類以上のミネラルが必要であり、これらを摂取することで人間の体は機能するための仕組みを正常に維持することができます。ミネラルを摂取したら病気が治るという訳ではありません。しかし、病気を治す仕組みを作る・維持するためには、ミネラルは必要不可欠です。

ドテラミネラル「PHOSSIL」
大さじ1~2杯(15~30ml)水やジュースなどで10倍程度に薄めて一日2~3回お飲み下さい。

1億年前の古代生物から作られた植物由来のミネラル飲料 550ml¥9600/IPC会員価格¥6400

IPC会員→*IPC価格とは登録料¥3500 更新料¥2000/年(更新時2900円のペパーミントオイル付)
入会ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡下さい。

arigataya2003@gmail.com

OnGuard
香りのボディガード、予防のブレンド
甘酸っぱくスパイシーな香りで、体が本来もっている機能を力強くサポートしてくれます。
空気の乾燥で厄介なウイルスが蔓延してきます。風邪やインフルエンザには感染したくありませんよね。
ね。
体調不良や疲れがたまると、免疫力が落ち、ウイルスに感染しやすく、風邪や下痢、傷が治りにくくなったりします。さらに、歳を重ねれば、ますます体の抵抗力も無くなってきます。

 

そんな時のサポートに大活躍してくれるのは、オンガードオイル。

オンガードオイルは、有害なバクテリア、カビ、ウイルスに対して強力な殺菌力がある、5種類のシングルオイルを組み合わせて作られたブレンドオイルです。

 独特な香りを持ち、化学合成されたものに代わるナチュラルな免疫サポートとして利用できます。
この優れた成分のいっぱい詰まったオンガードオイルは、有害物質を含まないのでテーブルを拭いたり、洗濯に使用したり洗浄剤としても使うことが出来る、一家に1本のお役立ちブレンドオイルです。
病原菌の抑制、除去にも力を発揮してくれますので、お部屋に拡散させればインフルエンザ対策にも役立ちます。
 
配合されているオイル

● ワイルドオレンジ
風邪やインフルエンザにとても効果的な強い抗感染作用があります。また、抗バクテリア作用、抗真菌作用、抗うつ作用、消毒作用があります。

● クローブ・バッド
抗バクテリア作用、抗真菌作用、抗感染作用、抗寄生虫作用、強力な消毒作用、抗ウイルス作用、免疫刺激作用がありますので元気を取り戻すサポートをしてくれます。

● シナモンの皮
強力な浄化作用、酸素供給作用、さらに他のオイルの作用などを高めてくれます。そして、カラダ全体もですが、特に循環器系を刺激してバランスを整えてくれます。
この他にも、抗バクテリア作用、抗真菌作用、抗感染作用、消炎作用、抗微生物作用、抗寄生 虫作用、消毒作用、抗痙攣作用、抗ウイルス作用、収れん作用、免疫刺激作用、性的刺激作用、体を温める作用があります。

● ユーカリプタス・ラディアータ
呼吸器系に強く抗ウイルス作用を発揮。強力な抗バクテリア作用、抗カタル作用、消毒作用もあります。

● ローズマリー
心臓の機能のバランスを整え、副交感神経(みぞおち)を活性化し心の疲れを和らげます。

また、体の循環を促して、神経に刺激を与えてくれます。さらに、消毒作用と抗感染作用もあります。
誰が使ったかわからないホテルの部屋などにも、空調口などにティッシュペーパーなどにオンガードオイルを数滴垂らして、お部屋の殺菌などにも役立ちます。

風邪をひきそうな時には、オレンジジュースやお水などに1滴垂らして飲んだり、うがいをすれば風邪からカラダを守ってくれることでしょう。

アルコールスプレーに数滴垂らして、スプレーすればテーブル、トイレ、お風呂場などのさまざまな場所の除菌にもお使いになれます。

ペットを飼ってるお家の動物の独特な臭いにも役立ちます。スプレーやディフューザーなどで拡散し続けると、だんだん臭いがなくなっていきます。

お子様や敏感肌の方は、ココナッツオイル15滴にオンガードオイルを1滴垂らして足の裏、のど、胃、腸をよくマッサージしましょう。

 

<注意>

妊娠中は慎重にご使用ください。

繰り返して使用すると、接触によって極度のアレルギー反応がおこることがあります。(接触感作)
肌に極度の炎症を起こすことがあるので、初めてお使いになる方はパッチテストをおススメします。
オレガノ

 

 

 

 

 

 

風邪・インフルエンザの季節到来

オススメ!メディカルオイル 【オレガノオイル】
オレガノオイルは抗生物質のいくつかよりも、副作用もなく優れているということが証明されています。
抗生物質の気になる副作用
―抗生物質に対する耐性菌を作ってしまう
―プロバイオティクス(善玉菌)をめちゃめちゃにする
―ビタミンの吸収を悪くし、腸内壁を傷つけてリーキーガットを引き起こす
オレガノオイルは、カルバクロールとチモールという、抗菌作用と抗カビ作用を持つ二つの強力な成分を含んでいます。
オレガノオイルは、野生のオレガノを1000㎏採取してやっと1㎏のオレガノオイルがとれるというぐらいのものですが、2500年以上に渡って世界中の民間療法で貴重な生活必需品とされてきました。
オレガノオイルの4つの特異な効能

1. 抗カビ作用
2. 抗菌作用
3. 抗寄生虫作用&抗ウィルス作用
4. 抗酸化作用
1.抗カビ作用:

オレガノオイルはカビ菌やカンジダ菌を治療するのに使われています。

舌の表面が白くなったり、何度も膀胱炎や膣炎になったりするなら、それはカンジダ菌のせいかもしれません。

オレガノオイルは体内のバクテリアやカビ菌を死滅させてカンジダ症を治すことが医学研究で証明されています。

例えば爪水虫で、どんな市販の薬や塗り薬を使っても治らなかった人が、オレガノオイルを使うと2か月で完治したりする例もあります。

オレガノオイルは局所に塗布することが出来ます。
*内服(例えば4滴を薄めて一日4回)ですが、10日以上続けて内服することはお勧めしません。それ以上長くやると、善玉菌も殺してしまったり耐性菌を作るからです。
抗菌作用:オレガノオイルは細菌を殺すのに使えます。
風邪やインフルエンザになったら、これは体内の悪い菌やウィルスをとても素早くやっつけてくれます。

最近行われた画期的な研究によると、オレガノオイルは食中毒を起こすO-157などの大腸菌も殺すほど強いということが分かりました。

寄生虫洗浄:海外旅行をしたりしたときに寄生虫を一緒に持って帰ってしまったりします。オレガノオイルは抗寄生虫作用もあるので、それらの寄生虫を殺してくれます。
抗酸化作用:強力な抗酸化的性質を持っています。実際、オレガノは抗酸化ハーブのトップ10に入っているほどの抗酸化力があります。
㊟オレガノオイルを買う時は高品質のブランドからの商品であることを確認してください。
*最近発表された医学研究では、オレガノオイルは腫瘍をも小さくするということが分かりました!

オレガノオイルは、いろいろなタイプのガンに効果的な自然の代替治療になるかもしれません。

定価5250円/会員価格3500円

会員カテゴリー

1.最安値で購入 登録料 3500円 更新料2000円/年(更新時に2900円相当のペパーミントプレゼント)   *ご家族、お友だちなど購入者を紹介するとメーカーよりお礼が貰えます。

2.愛用者会員 登録料 2500円 更新料なし

例 ラベンダー定価¥4730 2.愛用者価格¥3310 1.最安値¥3150

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    翌月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    (      発送業務休日)

Upcoming Events

現在予定されているイベントはありません。