2015年 2月

下記の番組ご覧になりました?85年に美容室を始め、お客様の薬剤による肌トラブル、スタッフの手荒れなどの問題を解消するため、いろいろ勉強して行き着いたのが「体温」と「お通じ」でした。腸内造血理論(千島学説)を知り、免疫力を高める、体質改善は腸環境と低体温の改善が必須でした。私は医者ではないので理屈はわかりません。私は花粉症でしたし、虚弱体質でした。まず私が実践してみたことで花粉症は無くなり、体もだいぶ強くなりました。アトピーや花粉症などアレルギー疾患でお困りのお客様にも体温を上げていただき、便秘を解消し腸環境を整えるていただくことで改善された例も数多くあります。

安保先生や新谷先生など多くのドクターもデーターを出してくれたことで、私の仮説が正しいことが証明され嬉しく思います。人間の体はまだまだわからないことがたくさんあるようです。
生体が正常に機能するための環境から離れすぎてしまっているようです。平熱は36.5℃以上。食べた物が24時間以内に排泄される状態が良いようです。まずはここを目指しましょう。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0222/index.html

竹内久米司・稲津教久共著「経皮毒」にショッキングな事が書かれています。

私たち美容師は大切なお客様の髪と体を傷つけないよう気をつけなければいけませんし、ご自分で染められる方はこのようなリスクが有ることを頭の中に入れておいて欲しいです。

数十年にわたり化学物質の毒性緩和の研究をし、カラーに関しては傷む、シミル、クサイに関しては、緩和出来るようになりました。

アレルギーに関しても、すべての方ではありませんが、当店の薬剤であればパッチテストをしても反応が出ないと喜ばれております。

以下は抜粋です。

毛染めは髪を傷めるのはもちろん、経皮吸収による有害性がとても強いです。皮ふバリアーの弱い頭皮に触れるのでとても危険です。
毛染め剤に使われている物質はパラフェニレンジアミン(PPD)といって、髪の毛を染めるためには必要な物質で、強いアレルギー反応を起こす物質として知られています。

アレルギーは蓄積された化学物質が臨界点に達した時に発症しますが、PPDは強力であるため、アナフィラキシーを起こす危険性もあります。

アレルギー反応以外にも接触皮膚炎や粘膜のむくみ、結膜炎、鼻炎、気管支炎、喘息などの発症例もあります。
生体内に入ると酵素を破壊して、貧血や腎臓機能障害を起こす恐れもあります。発がん性物質としても知られ、20年以上染めている人はリンパ腫を発生する事が多いという報告もあります。これほど有害性のある物質ですから、使用を控えることに越したことはありませんが、何よりも乳幼児に触れることがない様に注意して下さい。誤って口に入れてしまうと命を落としかねません。

PPD以外にもアミノフェノール、レゾルシンという物質が含まれています。これらも体内に入ると酵素を破壊して貧血を起こす可能性がある物質です。

白髪が目立ってくる初老の頃は経皮吸収率もあがってくる年代です。白髪染は定期的に繰り返しますから、有害物質の残留・蓄積が進むと考えられます。何も障害が現れないからといって使用を続けていくのは、注意が必要です。

髪を傷めずにヘアカラー、ストレートパーマをすることは、化学物質の毒性を緩和することで、ほぼ出来るようになりました。

1976年より美容の仕事を始め、20年ほどはカット技術(テクニカル)にこだわり、カットの再現性と持続性を求めると髪がキレイであることが必須となり、美髪(クリニカル)を追求するようになりました。

修復、再生はなかなか難しいです。だからこそ、美容師としてやりがいのある分野です。

仮説を立て、様々な商材を試してみるには多くの髪が必要です。髪の傷みでお困りの方、モニターになっていただけないでしょうか?

髪の長さや傷みの程度によりトリートメントのプロセスが変わるので、料金が固定出来ません。

トリートメントは定価¥3000~¥10000でさせて頂いております。モニター価格は30%OFFでさせていただきます。
ご協力よろしくお願い致します。

■鉄欠乏性貧血の原因
女性向け医療・健康情報サイトによると、鉄欠乏性貧血の原因として考えられるのは、子宮筋腫、子宮内膜症、ホルモンバランスのくずれ、子宮内膜ポリープ、筋腫分娩、悪性腫瘍あるいはその前段階などの病気。なので貧血の疑いがある方は、ぜひ一度専門医に診てもらうことをおすすめします。
加えて、“食事の偏り”が原因の場合もあるとか。血液のヘモグロビン(赤血球の赤い色素)が足りなくなると貧血が起こります。ヘモグロビンは体に必 要な酸素を送る役割を果たしているのですが、鉄分が不足するとこのヘモグロビンが作られなくなり、貧血の症状が出てしまうのです。つまり、貧血の人には、 鉄分を含んだ食事が必要なのです。
では、食事で鉄分補給をするには何を食べればいいのでしょうか?

■鉄分補給の食材と言えば?
鉄分補給の食材と言えば、“レバー”と思ってしまいますよね? ところが、文部科学省の「日本食品標準成分表2010」によると、牛のレバー100gの鉄分量が4.0mgになのに対し、煮干は18.0mgもの鉄分量を含んでいるのです。
成人女性の一日に必要な鉄分摂取量は10.5mgと言われています。つまり、一日100gの煮干を食べると十分な鉄分が摂れるわけですね。
そこで、“瀬戸内海産の煮干いりこ”で有名な、創業113周年を迎える『石丸弥蔵商店』の石丸祥久さんに、煮干いりこを使った簡単なレシピをお伺いしました。ちなみに、“煮干いわし”、“煮干いりこ”、“煮干”、“いりこ”などいろんな名前がありますが、全て同じモノ。西日本では、煮干のことを“いり こ”と呼びます。

■アレを飲むだけで貧血が改善される!?
「煮干と言えば、お味噌汁が一番合うかと思います。同じ煮干でも“瀬戸内海産のいりこ”は苦味が少なく、上品で深みのある出汁がとれるので、水出しにも適しています」と語る石丸さん。
前の晩から水1リットルに15g程の煮干を放りこんでおくと、美味しいコクのある出汁になります(4人分)。煮干を水に漬け置くことを忘れた方は、同量の水と煮干を鍋に入れて中火にかけてください。沸騰したら出来上がりです。やはりお味噌汁は毎日飲みたいですね!
「出汁をとった後の煮干はそのまま味噌汁の具にしたり、佃煮にしたりすると美味しいんです。煮干のカルシウムは牛乳の20倍もあるし、栄養満点なんですよ」

■レンジでチンする“煮干佃煮”
【材料】(1人分)
・出汁を取った後の煮干(中小羽)・・・40g
・しょうゆ、さとう、みりん、ごま・・・各小さじ1~3(お好みで調整)
・細く切った昆布(お好み)
【作り方】
(1)煮干を皿に広げ、ラップをせずに、レンジ600wで1分。
(2)しょうゆ、さとう、みりん、ごまを混ぜ、さらに1分チンで、できあがり。
これはパクパクいけちゃいます! オヤツやお弁当の副菜にもぴったりですね。

煮干は鉄分、カルシウム、ビタミンD、DHA、タウリンなど、体に重要な栄養素をたくさん含んでいます。今年は、出汁をとるのを嫌がらず、美味しい煮干のお味噌汁から一日を始めませんか?

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2017年5月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    翌月(2017年6月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    (      発送業務休日)

Upcoming Events

現在予定されているイベントはありません。