パーマ&ヘアカラー

竹内久米司・稲津教久共著「経皮毒」にショッキングな事が書かれています。

私たち美容師は大切なお客様の髪と体を傷つけないよう気をつけなければいけませんし、ご自分で染められる方はこのようなリスクが有ることを頭の中に入れておいて欲しいです。

数十年にわたり化学物質の毒性緩和の研究をし、カラーに関しては傷む、シミル、クサイに関しては、緩和出来るようになりました。

アレルギーに関しても、すべての方ではありませんが、当店の薬剤であればパッチテストをしても反応が出ないと喜ばれております。

以下は抜粋です。

毛染めは髪を傷めるのはもちろん、経皮吸収による有害性がとても強いです。皮ふバリアーの弱い頭皮に触れるのでとても危険です。
毛染め剤に使われている物質はパラフェニレンジアミン(PPD)といって、髪の毛を染めるためには必要な物質で、強いアレルギー反応を起こす物質として知られています。

アレルギーは蓄積された化学物質が臨界点に達した時に発症しますが、PPDは強力であるため、アナフィラキシーを起こす危険性もあります。

アレルギー反応以外にも接触皮膚炎や粘膜のむくみ、結膜炎、鼻炎、気管支炎、喘息などの発症例もあります。
生体内に入ると酵素を破壊して、貧血や腎臓機能障害を起こす恐れもあります。発がん性物質としても知られ、20年以上染めている人はリンパ腫を発生する事が多いという報告もあります。これほど有害性のある物質ですから、使用を控えることに越したことはありませんが、何よりも乳幼児に触れることがない様に注意して下さい。誤って口に入れてしまうと命を落としかねません。

PPD以外にもアミノフェノール、レゾルシンという物質が含まれています。これらも体内に入ると酵素を破壊して貧血を起こす可能性がある物質です。

白髪が目立ってくる初老の頃は経皮吸収率もあがってくる年代です。白髪染は定期的に繰り返しますから、有害物質の残留・蓄積が進むと考えられます。何も障害が現れないからといって使用を続けていくのは、注意が必要です。

「安全」で「安心」してカラーを楽しんでいただくため、いつまでも自分の髪の毛でいるために・・・
不快・不安・不満など「不」を「0」にすることを目指しています。

私は30年以上美容師をしています。初めは薬のことよりも、どうしたら上手にカットができるかを優先して仕事をしていました。カットが上手になっても髪が傷んでいてはスタイリングは決まりません。そこで髪を傷めずにパーマやカラーをできないかを考え、独学で毛髪科学から薬の化学まで勉強してみると・・・美容学校にもよりますが、私は美容学校で薬剤の勉強はしませんでした。すると、驚愕の事実が判明しました!

●除草剤より強いパーマ液やカラー剤の毒性!?

  • ヘアカラー剤の毒性・・・スプーン1杯(約5g)で死に至る危険性
  • パーマ液の毒性・・・約20ccで死に至る危険性
  • 除草剤の毒性・・・約700ccで半数が死に至る危険性

毒性を知る前はパーマ液の2剤(1液と2液セットで販売されています)がよく余り、庭に撒くと除草ができるので、庭にまいていたことがあります。

禁煙シールというものがあります。ニコチンの付いた10円玉ほどのシールを肌に貼り付けるとニコチンが皮膚から吸収され、血液中のニコチン濃度が一定に保たれ「タバコが吸いたい!」という禁断症状が減少するそうです。
口から吸収されるより皮膚からの吸収(経皮吸収)はすぐに毛細血管に入り、わずか5~8分で全身を巡るのです。そのため口から入れるよりも、はるかに少ない量で効果を得ることができます。

皮膚から吸収された化学物質は10日後やっと10%排泄されます。残りの90%は脂肪、皮下脂肪に蓄積され、女性の場合は乳房や子宮に溜まり、子宮内膜症や子宮筋腫の原因にもなるといわれています。

パーマやカラー剤の注意書きには“直接地肌にはつけないで下さい”と書かれています。にもかかわらず、皮膚につけてしまい、トラブルが出てもメーカーは一切責任をとりません。誤った使い方をしているのです。
これはホームカラーでも同じことですから、気をつけて下さい。実際ホームカラーの事故は年々ふえており、失明など大きなトラブルも出ていますが、裁判をしても難しいのが原因です。

■“安全”に“安心”してカラーを楽しむには
「高濃度溶存酸素水」が有害化学物質の毒性を緩和します。ビーワンという商品がありますが開発者は同じ科学者です。

  1. 施術中の刺激臭がほとんどなくなります。美容室特有のあの臭いは頭痛の原因となることもあります。
  2. 頭皮がヒリヒリしみなくなります。個人差もありますが「カラーをするのは苦痛との戦いでした」
  3. ハリやコシ、太さが戻っていく。色素の分子量は大きいので毛表皮(キューティクル)をカラー剤のアルカリで膨潤させ、色素を入れます。その時に間充物質(タンパク質)も抜け出してしまうので、染めると髪は細くなります。
  4. 髪を傷めることなくカラーリング。キューティクルが膨潤しているので、間充物質(タンパク質)を入れるには最適です。
  5. 酸素水のクラスターは130HZそんなに小さな水ではありませんが、皮脂膜(バリアゾーン)を通過します。この働きで毛母細胞や色素母細胞に水分を与えることができ、活性化させます。
  6. 手荒れがありません。カラーの場合、手を染めてしまうので手袋をしますが原液での作業が可能です。
  7. 江本勝氏の“水の結晶”の写真はご存知ですか?とてもきれいな結晶をしています。
  8. 除草剤に使えるパーマ2液に酸素水を混ぜると、もう除草剤として使えなくなります。
  9. 舌の味蕾が壊れ、味覚障害を起こしているとわからないですが、水道水に酸素水を数滴入れると、塩素を分解し、味が一瞬に変わります。

美髪の条件とヘアカラーの仕組み
理想的な髪は、内側の水分量と外側の油分のバランスにより、シットリ、サラサラ、ツヤツヤの髪になります。   水分を保持しているのがタンパク質でできている、ご飯の部分です。このご飯が少なくなると、コシが無くなり、  パサツキ、髪は弱くなり枝毛にもなります。また、カラーは色素がこのご飯を染めていると考えて下さい。

アルカリ剤を使わなければキューティクルは膨潤させることはできないので、色素を入れることはできません。白髪を染めるだけでなく、自毛の色を変えることもできません。

キューティクルが膨潤しているところで、タンパク質を与えてあげると髪はしっかりしてきます。想像してみて下さい。同じ細巻きでもご飯がたっぷり入っている細巻きと、そうでない細巻き、どちらがしっかりしているでしょう?

そして、剥がれてなくなってしまったキューティクルの代わりに擬似キューティクル(コーティング)を作り、しっかり蓋をすれば完璧です。毛先にはコーティング剤のシリコンは有効です。

パーマやカラーをしてはいけない?そんなことはありません。諦めないで下さい。ありがた屋にお任せ下さい。

ご訪問ありがとうございます。ただいまメンテナンス中です。しばらくの間下記のサイトをご覧ください。

www.facebook.com/arigataya2003

 

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2017年7月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2017年8月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    (      発送業務休日)

Upcoming Events

現在予定されているイベントはありません。